壊れる前にバックアップが必要

データを残せる破損とは?

iphoneの修理時は、ガラス破損・液晶破損・バッテリー損傷程度ではデータが消えることはありません。具体的にはメイン基板に損傷がなければデータの復旧は可能なのです。iphone水没の場合も約90%はデータの復旧が可能です。iphoneに使用されているメモリは不揮発性メモリであるため、電源が落ちてしまってもデータは残っているのです。水没させてしまった場合は、すぐに電源を切るようにしておけば大抵の場合はデータ復旧が可能です。iphoneの修理は部品交換の手法が主流となっているため、メイン基板が壊れてしまった場合は、データ復旧が不可能ということになりますが、業者によっては、フラッシュメモリを取り外してデータを抽出してくれるところもあります。

バックアップは大切!

iphoneは、iTunesにより本体のバックアップが可能となっています。機種交換の際に使用することが多いため、誰もがバックアップをしたことがあるのではないでしょうか。iphoneもいつ破損してしまうかわからないため、定期的にバックアップをしておく必要があるでしょう。特に新しいアプリを導入した際には必ずバックアップをしておくと便利です。また、アドレス帳などを更新した場合にもバックアップしておくと良いでしょう。なお、iOSは常に最新にしておいた方が、バックアップの時間も短くて済みますので、iOSは常に最新にしておきましょう。バックアップさえ取っておけば、新しいiphoneを購入した時も、以前のiphoneと同じように使用することができるようになります。

iphone修理を仙台で受けるときは、某大型店内にある正規店か、街中の非正規店で依頼できます。ただし一度非正規店で修理したものは、その後正規店での修理が受けられなくなるので注意が必要です。