メーカー修理はバックアップ必須

データを残すなら非正規修理店

iphoneの正規修理店と非正規修理店とでは、データ復旧に関して決定的な違いがあります。非正規修理店では、本体交換という概念がなく、あくまでも部品交換となります。そのため、iphne本体をリセットすることがないのです。しかも、万が一、水没させてしまった場合も、メイン基板を徹底洗浄して再度電源を入れますので、失われたと思って諦めかけていたデータも復旧することが多いのです。実際のところ、水没の約90%の場合が、データ復旧に成功しているというデータもあります。完全破損した場合に、iphoneを丸ごと取り替えてもらうことはできませんが、データ復旧を優先させたいのであれば、iphoneの正規修理店よりも非正規修理店を利用する方が良いでしょう。

メーカー修理はバックアップ必須

メーカー修理では、修理内容によってはiphoneまるごと交換になります。そのため、iphoneはまっさらの状態ですので、新たにデータを入れる必要があります。また、修理内容がいかなる場合でも、動作確認をしっかり行うために、iphoneをリセットしてしまうことが多いのです。この場合もiphoneの中はまっさらの状態となり、再度データを入れる必要があります。このようなことを考慮すると、メーカー修理を出す前には必ずパソコンとiphoneを接続して、iTunesにてバックアップを取る必要があります。ただし、修理業者によってはバックアップを取っているか確認してくれますので、最悪の場合は修理業者にバックアップを取ってもらうという手法もありますが、自分自身でバックアップを取っておいた方が安心でしょう。

iphoneの修理を川崎で行う場合、修理にかかる費用、どのくらいの修理時間必要になるのか事前に見積もりを出してもらいましょう。川崎で修理を行ってくれるお店は多いので、事前に調べておくことでコストを抑えられます。